ビンさんの銀幕音楽堂・第795回(2017年5月20日放送分) 



銀幕20170520














【放送日:2017年5月20日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年5月24日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『追憶』ostより「追憶 〈End Theme〉」(co:千住明)

『スプリット』ostより「A Way Out」(co:ウェスト・ディラン・ソードソン)
『※※※※※※※※』ostより「※※※※※※※※」(co:※※※)


・ビニ盤アワー

『ベンジー』ostより「ベンジーのテーマ~アイ・フィール・ラヴ~」(vo:チャーリー・リッチ)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール,FAXを紹介


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今回のニューシネマ・サウンド、まずは二大巨匠が久々にタッグを組んだ『追憶』を。
千住明氏のスコアは、特にメインテーマは最近では珍しいくらいにメロディの立ったものになっており、千住氏もあえてそれを考慮してのこととか。
映画の出来についてはいろいろ意見もあろうが、スコアはなかなかの聴きものです。

続いて、Ⅿ・ナイト・シャマラン監督の新作『スプリット』を。
ずっとコンビを組んでいたジェームズ・ニュートン・ハワードとは決別したのか、今回はウェスト・ディラン・ソードソンなるアーティストがスコアを担当。
全編ノイジーなスコアで占められていますが、ストリングスの使い方が効果的だった1曲をセレクト。
上で伏字にしているスコアは、映画のクライマックスに関連するもので、敢えてタイトルは挙げていません。
番組内でもそれは同じでありますが、なぜそれを取り上げたかについては喋っていますけど、けっしてネタバラシはしていないので、ご安心を。

そして久しぶりにお送りいたします、ビニ盤アワー。
今回は『ベンジー』(74)を取り上げます。
もともとメールボックスのコーナーにリクエストでいただいたものでありまして、サントラは数年前にCD化されてはいるのですが、残念ながら入手できずじまい。
ということで、銀幕音楽堂の倉庫より、アナログ盤を引っ張り出してまいりました。
ビニ盤ゆえのノイズも伴うかもしれませんが、そこはご了承いただくとして。

最後にお送りするメールボックスのコーナーですが、BGMにはずっとミシェル・ルグラン作曲による『ベルサイユのばら』(79)の「メインテーマ」を使用しています。
が、従来はこれもアナログ音源でしたが、ようやくCD音源を入手(上記写真にちょこっと写ってます)いたしまして、今回よりCD音源のBGMになっています。
ったって、MCのBGMじゃよくわかんないかもしれませんが(笑)


ってなわけで、いよいよ初夏の風薫る5月半ばの宵、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第794回(2017年5月13日放送分) 



銀幕20170513














【放送日:2017年5月13日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年5月17日(水)PM6:00オンエア】

・イオンシネマ西大和 みてみて探訪記!

『無限の住人』ostより「天下五剣」(co:遠藤浩二)
『無限の住人』より「LivetoDieAnotherDay-存在証明-」(vo:MIYAVI)

その他、イオンシネマ西大和で公開される作品の情報、イベントの告知などなど。


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール,FAXを紹介

『カリートの道』ostより「グランド・セントラル」(co:パトリック・ドイル)
『カリートの道』より「You are so beautiful」(vo:ビリー・プレストン)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今回は第2週目、「イオンシネマ西大和 みてみて探訪記!」の週です。

本当は、13日から奈良県下独占上映の『八重子のハミング』を取り上げるべきなのですが、作品が未見なものですから、番組内では作品上映のお知らせに留めているのがちょっと残念。
で、公開中の作品としては、なにかと話題になっている『無限の住人』を取り上げました。

出演者等々の話はともかく、三池崇史監督作品には欠かせない作曲家、遠藤浩二氏が今回もスコアを担当。
それにしても、映画の興行成績とか出演者については、ご存知のようにいやというほどアップされているのに、かの上妻宏光氏が三味線演奏でスコアに参加している、という音楽的な話題がほとんど語られてないのは、どうしたものか。

音楽的なところでは、わずかに主題歌をMIYAVIが担当している、くらいなもので。
ちなみにMIYAVIは、最近ハリウッドの作品でも俳優として活躍してますね。
最近では『キングコング 髑髏島の巨神』の日本兵役が印象深いところ。


続いて、メールボックスのコーナーでは、先週に引き続き、映画の主題歌にリクエストいただきました。
当番組としては、やはりスコアもお送りしたい、ということで、作品はブライアン・デ・パルマの隠れた(?)名作、『カリートの道』(96)です。
この映画、クライマックスの駅での銃撃戦に流れたパトリック・ドイルのスコアがまぁ素晴らしいもので、前から番組でも取り上げたいと思っていたのですが、これが演奏時間10分を超える大曲。
でも、今回は主題歌のほうにリクエストいただいたので、これはいい機会!(笑)ということで、併せてお送りすることにいたしました。

ってなわけで、GWも過ぎて、そろそろ五月病が目を出す宵、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第793回(2017年5月6日放送分) 



20170506銀幕音楽堂














【放送日:2017年5月6日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年5月10日(水)PM6:00オンエア】

・GW特別企画:銀幕悶絶歌謡ショウ!!

『温泉スッポン芸者』より「温泉スッポン芸者」(vo:杉本美樹)
『徳川セックス禁止令 色情大名』より「ジュテームはさよならのはじまり」(vo:サンドラ・ジュリアン)

『時をかける少女』より「悲しいくらいほんとの話」(vo:原田知世)
『彼のオートバイ、彼女の島』より「彼のオートバイ、彼女の島」(vo:原田貴和子)

「ふられおんな」(vo:東てる美)
「年上かもめ」(vo:あき竹城)

『Vマドンナ大戦争』より「風のプリマドンナ」(vo:宇佐美ゆかり)



・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール,FAXを紹介

『男が女を愛する時』ostより「メインタイトル」(co:ズビグニエフ・プレイスネル)
『男が女を愛する時』より「男が女を愛する時」(vo:マイケル・ボルトン)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

GW、いかがお過ごしでしょうか。

かくいう僕は本業が忙しく、GWはずっと仕事です。
なので、ろくに映画館にもいけやしない・・・なんてことを、ここで愚痴っても仕方がない、ましてや番組でも、と言いつつ、番組でもちょこっと愚痴ってますけど。

まぁ、そんなこんなで、新作、たとえば『ワイスピ』とか『無限の住人』とかについて、観てないので番組で取り上げるわけにもいかない。
ってなわけで、そんな時にはどうしようか、ここで出てくるのが、忘れた頃にやってくるあの企画。

そう、「銀幕悶絶歌謡ショウ!!」の登場です♪

今回は、ご覧のようなラインナップ。
定番から初蔵出しまで、結果的には女性ヴォーカルばかりになっちゃいましたが、ほんとは男性ヴォーカル曲も用意していたのです。
ま、この企画をするには、1時間枠じゃなかなか難しいですね。
某国営放送局のように「今日は一日~」とはいかないまでも(笑)、3時間くらいは時間がほしいもんですねぇ。

あ、そもそも今回の企画、宇佐美ゆかりの「風のプリマドンナ」にリクエストいただいたのが、きっかけだったということを、ここで書き添えておきましょう。

続いてメールBOXでは、同じくリクエストいただきましたマイケル・ボルトンの「男が女を愛する時」。
96年の同名映画が公開された頃に、パーシー・スレッジのカヴァーをマイケル・ボルトンが唄ったわけですが、たしか映画の中で流れたのはオリジナルの方だったと思いますが、なんせ、映画自体観たのがずいぶん前のことだったので、どうせなら、ズビグニエフ・プレイスネルが書いたスコア(これがまたいいんだわ)も併せてお送りいたします。

ってなわけで、GWも残りわずかとなった週末の夜、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第792回(2017年4月29日放送分) 



銀幕20170429














【放送日:2017年4月29日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年5月3日(水)PM6:00オンエア】

・シネマサンシャイン大和郡山 Reserve Seat!!

奈良県は大和郡山市にあるシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんの情報等々を紹介。

『美女と野獣』ostより「朝の風景」(vo:エマ・ワトソン他)
『美女と野獣』ostより「ひとりぼっちの晩餐会」(vo:ユアン・マクレガー他)
『美女と野獣』ostより「時は永遠に」(vo:セリーヌ・ディオン)
『美女と野獣』ostより「美女と野獣」(vo:アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド)

・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール,FAXを紹介
『ブルックリン』ostより「End Title」(co:マイケル・ブルック)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

巷ではGWに突入!
でも、僕は本業があって、GWは1日しか休みがございません・・・。

と、いきなりテンション下げ下げなことを書いておりますが、映画の方はすでにGW興行真っ只中。
そのなかでも話題で抜きんでているのが、『美女と野獣』じゃないでしょうか。

今回は月末週ということもあり、チケット提供していただいてます、シネマサンシャイン大和郡山さんのコーナー、「シネマサンシャイン大和郡山 Reserve Seat!!」がございます。

もちろん、ここで『美女と野獣』を取り上げるのですが、シネマサンシャイン大和郡山さんでは、IMAX2D字幕版の上映も行われている、ということで、通常のスクリーンでは見えなかった部分まで見える、という、まさにIMAXの利点を活かした上映が展開されているのです。

しかも、2D版ですので、煩わしい眼鏡をかけるのではなく、裸眼で巨大スクリーンが堪能できるということで、これはもう、『美女と野獣』を観るなら最も適した公開ではないでしょうか。
かくいう僕もしっかり堪能してまいりました。

そんなお話を、番組では音楽交えてみっちりと!


メールボックスのコーナーでは、シアーシャ・ローナンの演技が素晴らしかった『ブルックリン』にリクエストいただきました。
他にも新しいリスナーさんからのメールや、こんな映画を観てきました! といったメールなど、今回も多彩なお便りをおいただき嬉しい限り!!

GWではやる気持ちをおさえつつ、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第791回(2017年4月22日放送分) 



銀幕20170422














【放送日:2017年4月22日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年4月26日(水)PM6:00オンエア】

・銀幕アラカルト:いまさらながら第89回アカデミー賞作曲賞特集

『パッセンジャー』より「Sugarcoat the Galaxy (End Title)」(co:トーマス・ニューマン)
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』より「intro」(co:ミカ・レヴィ)
『ムーンライト』より「End Credits Suite」(co:ニコラス・ブリテル)
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』より「ライオン・テーマ」(co:ダスティン・オハロラン&ハウシュカ)
『ラ・ラ・ランド』より「クレジット」(co:ジャスティン・ハーウィッツ)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAX等々を紹介。

『トップ・ガン』ostより「デンジャー・ゾーン」(vo:ケニー・ロギンス)
『しゃぼん玉』より「 アイ(弾き語りVersion)」(vo:秦基博)
『お嬢さん』より「イムが来る音」(vo:ガイン&キム・ミンソ)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

先週のオンエアは、1時間の番組内でたった2曲しかお送りできなかったのは、ここでもアップした通り。
その反動と反省というわけじゃないですが(あ、反省はしておりますです)、今回は久しぶりに映画音楽番組らしい内容になったかと自負しております、って、これが本来の姿なんですけどね。

銀幕アラカルトでは、今年のアカデミー賞の作曲賞に特化いたしまして、ノミネート5作品のスコアをお聴きいただこうという趣向。
ようやくホームベースたる奈良県内でも、ノミネートされた5作品を劇場で観ることできるということで。

いわゆる、この5作品がいわば2016年のハリウッドを代表した「スコア」であるというわけ。

面白いのは、トーマス・ニューマンのみベテラン作曲家で、他はだいたい新人(という年齢ではすでにない方もおられるが)という顔ぶれで、それぞれに個性的なスコアを書いており、今後のそれぞれの作曲家の未来が楽しみでもあります。


メールボックスのコーナーでは、番組宛にいただいたリクエスト曲をドド~~~ンと!!

中でも韓国映画『お嬢さん』の音源、ようやく披露できます。
今回取り上げました「イムが来る音」は、映画のエンドクレジットに流れるソング・ナンバー。
これがじつにいいんです。

どういいのかは、ぜひ番組をお聴きくださいまし。

桜が散って、すでに新緑が顔をのぞかせている、と思えば北海道では雪が降ったりと、よくわかんない晩春の宵、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!