ビンさんの銀幕音楽堂・第787回(2017年3月25日放送分) 



銀幕20170401














【放送日:2017年3月25日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年3月29日(水)PM6:00オンエア】

・シネマサンシャイン大和郡山 Reserve Seat!!

奈良県は大和郡山市にあるシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんの情報等々を紹介。

『SING/シング』ostより「オーディションズ」(vo:シング・キャスト)
『SING/シング』ostより「シェイク・イット・オフ」(vo:ニック・クロール&リース・ウィザースプーン)
『SING/シング』ostより「アイム・スティル・スタンディング」(vo:タロン・エガートン)
『SING/シング』ostより「セット・イット・オール・フリー」(vo:スカーレット・ヨハンソン)
『SING/シング』ostより「ドント・ユー・ウォーリー・アバウト・ア・シング」(vo:トリー・ケリー)
『SING/シング』ostより「マイ・ウェイ」(vo:セス・マクファーレン)
『SING/シング』ostより「フェイス feat.アリアナ・グランデ」(vo:スティーヴィー・ワンダー)
『SING/シング』ostより「アウト・トゥ・ランチ(エンド・タイトル)」(co:ジョビー・タルボット)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

2月11日に奈良で先行上映が始まった『天使のいる図書館』も、いよいよ奈良県内の上映も今月いっぱいとなりました。
正直、1ヵ月以上もロングランされるとは思ってなかったですが、多くの方にご覧いただき、これは本当に嬉しかったです。

【イオンシネマ西大和】さんにて31日までの上映になっています。
まだ未見の方は、この機会にぜひぜひ!!


さて、今回は月の最終週ということで、「シネマサンシャイン大和郡山 Reserve Seat!!」をお送りいたします。
奈良県は大和郡山市にありますシネマコンプレックス、【シネマサンシャイン大和郡山】さんで上映されている映画の情報、開催されているイベント等々を紹介するコーナーです。

先週末より上映が始まった、『SING/シング』を取り上げていますが、ご覧のとおりほぼ1時間丸々、このコーナーに充てているという結果になりました。

というのも、『SING/シング』をご覧になった方はおわかりでしょうが、とにかく劇中で取り上げられているナンバーの多彩なこと!
発売中のサントラも、その魅力をあますところなく収録したものになっていて(個人的には、ジョビー・タルボットのスコアも、ちゃんと収録していたのが嬉しい!)、番組でも時間の許す限り、主要なナンバーは取り上げたいな、ということでご覧の結果と相成りました。

それにしても、この映画、ハリウッドには演技だけじゃなく、歌唱力にも長けた俳優が多くおられていることを、あらためて実感しましたが、うらやましいのはこういう企画が日本ではなかなか実現しないこと。

たとえば、有名俳優がみんなが知っているようなポピュラーな歌謡曲を唄うようなミュージカル映画、少しは作ってくれたらいいのにあぁ・・・なんてね。
考えてみれば、数年前の三池崇史監督の『愛と誠』がそれだったなぁ。

なかなかレーベルの壁は高いのかもしれませんが、『愛と誠』みたいなミュージカル映画、誰か作ってくれませんかね?

ということで、次第に春の予感もする土曜の夜、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第786回(2017年3月18日放送分) 



銀幕20170318














【放送日:2017年3月18日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年3月22日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『モアナと伝説の海』ostより「タガロア神への祈り」(vo:オリビア・フォアイ)

『モアナと伝説の海』ostより「How Far I'll Go」(vo:アウリィ・カルバーリョ)
『モアナと伝説の海』ostより「どこまでも ~How Far I'll Go~」(vo:屋比久知奈)

『モアナと伝説の海』ostより「You're Welcome」(vo:ドゥウェイン・ジョンソン)
『モアナと伝説の海』ostより「俺のおかげさ」(vo:尾上松也)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAX等々を紹介。

『王妃の紋章』より「菊花台 」(vo:ジェイ・チョウ)

『ツイン・ピークス』ostより「ツイン・ピークスのテーマ」(co:アンジェロ・バダラメンティ)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今夜は話題の新作、『モアナと伝説の海』をニューシネマ・サウンドのコーナーで。

奈良県内での上映は、どのシネマコンプレックスでも日本語吹き替え版での上映です。
一軒でも、字幕スーパー版の上映をしてくださるところがあっても良さそうなものですが、これもいろいろと「大人の事情」があるようで・・・。

昨年のあの「悪夢」のような某日本語吹き替え版は、トラウマになるほど酷いものだったので、正直今回の吹替え版も懸念していたのですが・・・実際作品を観ると「あ、案外イケるかも」という印象でありました。

ただ、マウイというキャラが、本国ではザ・ロック様(ドゥウェイン・ジョンソン)が声を担当しているのに対し、吹替え版では尾上松也というこのキャラ違いはどうよ?

ということで、番組で本作の主要曲2曲を、本国版と吹替え版の聴き比べをしていただこうという、ちょいと「意地悪」な(笑)企画をやってみました。


メールボックスのコーナーでは、リクエストいただいた2曲を。

ジェイ・チョウの「菊花台」は、2006年に公開された中国・香港合作映画『王妃の紋章』のエンディング・ナンバーです。

また、今年、新シリーズが放映されることで話題になっている『ツイン・ピークス』のテーマ曲を。
リンチストと僕としては、むちゃくちゃ楽しみにしているシリーズなんですがね、某衛星放送会社に登録しなきゃ、ソフト化されるまで観ることができないというのは、なんだか生殺しに遭うような気分です・・・(苦笑)


ってなことで、奈良県内では土筆も芽を出した3月半ばの土曜の夜、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第785回(2017年3月11日放送分) 



銀幕20170311














【放送日:2017年3月11日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年3月15日(水)PM6:00オンエア】

・イオンシネマ西大和 みてみて探訪記!

イオンシネマ西大和で公開される映画、開催されるイベント情報などなどをお知らせします。

『アサシン クリード』ostより「アニムス」(co:ジェド・カーゼル)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAX等々を紹介。

『ジャイアンツ』ostより「Main Title (Giant Theme) 」(co:ディミトリ・ティオムキン)

『すてきな片想い』より「トゥルー 」(vo:スパンダー・バレエ)

『お母さん、娘をやめていいですか?』ostより「お母さん、娘をやめていいですか?~メインテーマ~ 」(co:富貴晴美)
『お母さん、娘をやめていいですか?』より「Little Doll」(vo:サラ・オレイン)



以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

さてさて、今回よりまたまた新コーナーがスタートいたします!
題して「イオンシネマ西大和 みてみて探訪記!」!!

タイトルの通り、イオンシネマ西大和さんで公開中、もしくは公開予定の作品や、開催されるイベントなどの情報をお送りするというもので、毎月第2週目に登場いたします。

今回は、みてみてしてまいりました、『アサシン クリード』の紹介と、今後の上映ラインナップ等々のお話を。
今後の上映ラインナップは、約1ヵ月分くらいの上映情報を提供していただいており、それをざざざっと紹介するのですが、これが自分で言っててなんですが(笑)楽しいもので。

なんだか昔、週末の朝のTVで放映していた「SYスクリーンアワー」みたいな感じです(内容は全然違いますけど)(笑)

ちなみにこのコーナーのBGMには、ルイス・エンリケス・ヴァカロフの『イル・ポスティーノ』を使っています。
こういう、コーナーのBGMを考えるのも、また楽しからずや。

後半はメールボックスのコーナーをたっぷりと。
リクエストいただいた『ジャイアjンツ』は、LA-LA-LAND(映画に非ず)レーベルから完全盤サントラがリリース中ですが、いまだ入手できておりませんので、従来盤のサントラより。

また、モリー・リングウォルドがめちゃめちゃキュートだった、『すてきな片想い』に流れていたスパンダー・バレエの「トゥルー」。
ポピュラーなナンバーですが、リクエストいただかなけりゃまず自分からは取り上げない(笑)ナンバーで、こういうのはリクエストいただいてて嬉しいことですね。

そして、最後に作曲家、富貴晴美さんの最新作を。
富貴さんからは、『天使のいる図書館』をご覧になった感想をお寄せいただいたそのお礼、というわけじゃないですが、NHKドラマ10枠で放送されていた(残念ながら先週末で最終回を迎えました)、『お母さん、娘をやめていいですか?』のサントラを取り上げました。
時間の都合上、メインテーマと、富貴さんが作曲されたサラ・オレインのヴォーカルによる主題歌をお送りしていますが、他にももっといいスコアが収録されている、素敵なサントラに仕上がっています。

富貴さん情報としては、スコアを担当された『きょうのキラ君』が上映中!!
残念ながらサントラはリリースされていませんが、先日、スコアを聴きたいがために、JKとカップルがひしめき合う映画館に潜入して、この映画観てまいりました。
映画自体は言いたいことはいっぱいありました(笑)が、富貴さんのスコアがまた涙腺崩壊を加速させる!!
よろしければ、ぜひご覧あれ。


ということで、富貴さん以外にも、ありがたくも『天使のいる図書館』の感想、今回も番組にいただいており、とても嬉しい限りです。
奈良県ではまだ上映されていますのでl、未見の方はぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!

ってなわけで、三寒四温で春はもうすぐな土曜の夜、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第784回(2017年3月4日放送分) 



銀幕20170304














【放送日:2017年3月4日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年3月8日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『ラ・ラ・ランド』ostより「アナザー・デイ・オブ・サン」(vo:ラ・ラ・ランド・キャスト)
『ラ・ラ・ランド』ostより「ア・ラヴリー・ナイト」(vo:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン)
『ラ・ラ・ランド』ostより「プラネタリウム」(co:ジャスティン・ハーウィッツ)
『ラ・ラ・ランド』ostより「シティ・オブ・スターズ」(vo:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン)
『ラ・ラ・ランド』ostより「オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)」(vo:エマ・ストーン)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAX等々を紹介。


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

さて今回は、話題の映画『ラ・ラ・ランド』の大特集です。

さきほど発表されたアカデミー賞では、大波乱な結果と相成りましたが、音楽面でいえば本作がオスカーを手にしたのは喜ばしいかぎり!

映画そのものは、僕の期待を全うする出来とは、残念ながら言えなかった(観るまでの期待が高すぎたのかもしれません)ということについては、実際にオンエアを聞いていただくとして、それでもミュージカル映画好きにはたまらない映画になっていたことは確か。

ジャスティン・ハーウィッツによるスコアも、けっこういい感じでずっとヘビーローテーションで聴いていたくらいです。

そのサントラから主要なナンバーを取り上げるとともに、僕自身がこの作品に抱いた印象等々については、ぜひ番組をお聴きあれ。


さて、次回はまた新しいコーナーができる予感・・・。
春はなにかと始まりの季節でござんすね!!(笑)

ってなわけで、花粉症の方もそうでない方も、ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひお聴きあれ!!


あ、まだ奈良県内では『天使のいる図書館』、絶賛公開中ですよ!!
まだご覧になっていない方は、ぜひぜひ!!



ビンさんの銀幕音楽堂・第783回(2017年2月25日放送分) 



銀幕20170225














【放送日:2017年2月25日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2017年3月1日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『ママ、ごはんまだ?』ostより「幸せのダイニング-魔法のレシピ編-」(co:妹尾武)
『ママ、ごはんまだ?』より「空音」(vo:一青窈)


・シネマサンシャイン大和郡山 Reserve Seat!!

奈良県は大和郡山市にあるシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんの情報等々を紹介。

『マリアンヌ』ostより「The Letter / End Credit 」(co:アラン・シルヴェストリ)

『ラ・ラ・ランド』ostより「アナザー・デイ・オブ・サン」(vo:La La Land Cast)


・銀幕音楽堂メールボックス

番組宛にいただいた、メール、FAX等々を紹介。


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今回のニューシネマ・サウンドのコーナーで取り上げます、『ママ、ごはんまだ?』。
じつは、奈良県ではいまのところ公開の予定はございません。
関西では大阪は十三にあります、第七藝術劇場(ナナゲイ)にて公開中であります。

じつはこの作品のプロデューサーである高瀬氏は、かつて僕と同じくFMハイホーでパーソナリティをされていたのでした。
もうかれこれ10年くらい前になるでしょうか、当時はジョニー(本人さんが嫌がるかもしれないけど、書いちゃうよ~~~ん)という名前で番組も持っておられたのであります。

その後、映画の世界で活躍されていたのは知っておりましたが、この度、めでたくプロデューサーという地位に!!
プロデューサーといったらあ~た、スタッフの中でも一番えらいさんですよ、ほんまに!(笑)

ってなわけで、先週末、ナナゲイで関西での初日ということで、主演の木南晴夏さん、そして監督の白羽弥仁氏の舞台挨拶があり、しかも舞台挨拶のMCをジョニー、もとい、高瀬Pが務められたのでありました。

いやぁ、当日は早くから整理券を求めるお客さん(ナナゲイはいまだにインターネットでチケット予約できる環境にないのです)の長蛇の列!
僕も朝早くに奈良を経って、出向いたおかげで整理券番号4番をゲット!
でも、列に並んでいる方を眺めていると、そのほとんどは木南晴夏目当てとおぼしき。
無論、僕は高瀬P目当てで(笑)

開場時間には立ち見まで出る大盛況ぶりに、僕も自分のことのように嬉しかったです。

とまぁ、なんだかんだと書いておりますが、肝心の映画の内容等々は番組をお聴きあれ!!
上映後には高瀬Pと久しぶりに再会でき、また白羽監督ともお話しができて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

ほんと、映画もとてもいい仕上がりになっているので、ぜひとも奈良県内でも上映していただきたいものです。
奈良県には4件もシネマコンプレックスがあるので、どこか1軒でも「うちがやりましょう!」と名乗り出てくれるところがあればいいのですが。


続いて、月末週にお送りする、シネマサンシャイン大和郡山 Reserve Seat!!のコーナー。
まずは上映中の『マリアンヌ』のお話しとスコアをお送りいたしまして、いよいよ24日から公開始まりました、話題の『ラ・ラ・ランド』のサントラから1曲お送りいたします。
シネマサンシャイン大和郡山さんでは、通常のバージョンの上映に加え、なんとIMAX版での上映(これが目玉!!)も行われています。
実際に観た感想等々は次回の当番組にて。


最後にメールボックスのコーナーでは、『天使のいる図書館』をご覧いただいた方からの感想等をお寄せいただきましたので、そちらの紹介を。
先週末はお昼に『ママ、ごはんまだ?』の舞台挨拶、そして夜には一般公開の初日ということで、大阪ステーションシティシネマにて小芝風花ちゃん、ウエダアツシ監督による『天使のいる図書館』の舞台挨拶があったという、なかなかスペシャルな1日でありました。
大阪ステーションシティシネマでは、僕と同じくオーデション組で図書館の司書役(僕よりもずっと出番が多いですし、ちゃんとセリフもあります!)を務められた河村さんと再会!
しかも、偶然にもリザーブしていた席がすぐ近くということで、嬉しさもひとしおな中で映画を観ることができました。

2017年は僕が関わらせてもらった映画が公開され、また僕の知人がプロデューサーを務めた映画が公開されるという、なかなか幸先のよいスタートだなぁ、としみじみ実感している次第です。

てなわけで、まだまだ寒い日が続く、春まだ遠からじな土曜の夜、ご用とお急方は、ぜひぜひお聴きあれ!!